雨乞い

雨乞に曇る国司のなみだ哉 蕪村

大粒な雨は祈りの奇特かな 蕪村

松明に雨乞行やよるの嶺 太祇

雨乞やおさな心におそろしき 子規

月赤し雨乞踊見に行かん 子規

雨乞ひの下賎の顔も祈りけり 碧梧桐

雨鬼風鬼祈りの風に問答かな

淵に石擲げて雨乞ふ老一人 虚子

よひよひの雨乞の火も減りにけり

雨乞や僧都の警護小百人 鬼城

薪負うて雨乞の人つゞきけり 泊雲

雨祈る炎のかぐろくて盛夏かな 蛇笏

雨乞の双幅とただ伝へらる 素十

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 扇風機 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内