和歌と俳句

雨乞い

雨乞に曇る国司のなみだ哉 蕪村

大粒な雨は祈りの奇特かな 蕪村

松明に雨乞行やよるの嶺 太祇

雨乞やおさな心におそろしき 子規

月赤し雨乞踊見に行かん 子規

雨乞ひの下賎の顔も祈りけり 碧梧桐

雨鬼風鬼祈りの風に問答かな

淵に石擲げて雨乞ふ老一人 虚子

よひよひの雨乞の火も減りにけり

雨乞や僧都の警護小百人 鬼城

薪負うて雨乞の人つゞきけり 泊雲

雨祈る炎のかぐろくて盛夏かな 蛇笏

雨乞の双幅とただ伝へらる 素十