和歌と俳句

夾竹桃 きょうちくとう

利玄
くろみもつ葉ずゑに紅き花つくる夾竹桃の夏のあはれよ

道に迷はず来た不思議な日の夾竹桃 碧梧桐

夾竹桃赤いものを振り捨てんとす 碧梧桐


すみやけく人も癒えよと待つ時に夾竹桃は綻びにけり

迢空
さめざめと 今朝は霧ふる夾竹桃。片枝の荒れに、花はあかるき

迢空
群花の垂り著けれど、まともには、色おとろへず。夾竹桃の花

迢空
わが庭に、夾竹桃はしなえたり。ほこりをあびて、町より戻る

迢空
夕かげの庭のおくかの 隅深く片あかりして 夾竹桃はある

迢空
提燈のあかりののぼる闇の空 そこに さわめく 夾竹桃の花

千樫
墓地かげの夾竹桃の花の色くれなゐ黒く夕ぐれにけり

病人に夾竹桃の赤きこと 虚子

夾竹桃、そのかげで氷うりだした 山頭火

いつも見て通る夾竹桃のなんぼでも咲いて 山頭火

夾竹桃窓に燃ゆれば事務に倦む 悌二郎

夾竹桃さき運河ゆく蔬菜舟 麦南

夾竹桃さき滞船に燕飛ぶ 麦南

灰燼に夾竹桃の朝の微雨 麦南

かどは酒屋で夾竹桃が咲きだした 山頭火

夾竹桃荒れて台風圏なりけり 誓子

夾竹桃たわわに墓は数知れず 草城

夾竹桃朝はさはあれ虔しき 悌二郎

夾竹桃かかる真昼もひとうまる 悌二郎

夾竹桃戦車は青き油こぼす 草田男

夾竹桃しんかんたるに人をにくむ 楸邨

夾竹桃廈の石造貧に耐へ 蛇笏

夾竹桃戦後の病みな長し 波郷

夾竹桃の空ぞ出自に復元せる 草田男

夾竹桃踊るよ無風の齢となりそ 草田男

夾竹桃みだれしんじつ価値なき日 悌二郎