和歌と俳句

合歓の花

象潟や雨に西施がねぶの花 芭蕉

羅の中になやめりねぶのはな 支考

くれなゐの暮のすがたや合歓の花 野坡

そのすがた人にうつすやねぶの花 千代女

雨の日やまだきにくれてねむの花 蕪村

乳牛の角も垂れたり合歓の花 碧梧桐

牧水
初夏の照る日のもとの濃みどりのうら悲しきや合歓の花咲く

百合の山路越え来て合歓の花の里 碧梧桐

牧水
いつ知らず夏も寂しう更けそめぬほのかに合歓の花咲きにけり

牧水
ゆくりなくとあるゆふべに見いでけり合歓のこずゑの一ふさの花

千樫
川隈の椎の木かげの合歓の花にほひさゆらぐ上げ潮の風に

千樫
たもとほる夕川のべの合歓の花その葉は今はねむれるらしも

千樫
夕風にねむのきの花さゆれつつ待つ間まがなしこころそぞろに

合歓かげに舟のけむりや山中湖 蛇笏