和歌と俳句

象潟 きさがた

後拾遺集・羇旅 能因
世の中はかくても経けり象潟の海士の苫屋をわが宿にして

俊恵
この里も さこそ見ゆらむ きさがたや あまの苫屋は こめつつ

西行
松島や雄島の磯も何ならずただきさがたの秋の夜の月

芭蕉おくのほそ道
象潟や雨に西施がねぶの花

芭蕉
汐越や鶴はぎぬれて海涼し

曾良
象潟や苫屋の土座も明やすし

曾良
象潟や料理何くふ神祭

暁台
象潟やいのちうれしき秋のくれ

白雄
高浪や象潟は虫の藻にすだく

一茶
象潟もけふは恨まず花の春

一茶
象潟や櫻を浴てなく

一茶
象潟の欠を掴んで鳴千鳥

碧梧桐
百合の句に今の象潟思ふかな

茂吉
象潟の海のなぎさに人稀にそそぐ川ひとつ古き世よりの川

草田男
象潟のはせをの合歓も晩夏の合歓

蛇笏
象潟の昼うすくらき秋の雨

蛇笏
象潟の弓張月や曇れども

青邨
象潟や島をめぐりて田を植うる