初春 新春

家持
正月立つ春の初めにかくしつつ相し笑みてば時じけめやも

俊頼
庭もせにひきつらなれるもろ人のたちゐるけふや千代の初春

定家
宿ごとに都は春のはじめとてまつにぞきみの千代いはふなる

天びんや京江戸かけて千代の春 芭蕉

庭訓の往来誰が文庫より今朝の春 芭蕉

かぴたんもつくばはせけり君が春 芭蕉

誰やらが形に似たりけさの春 芭蕉

二日にもぬかりはせじな花の春 芭蕉

薦を着て誰人います花のはる 芭蕉

宿の春何もなきこそ何もあれ 素堂

四海波魚のきき耳あけの春 嵐雪

雪降や紅梅白し花の春 杉風

桑さして栄行畑や老の春 杉風

念仏と豆腐とふとし老の春 支考

さればこそ桜なくても花の春 荷兮

琴碁書画それにもよらず老の春 曾良

人なみに日数を持や今朝の春 千代女

鬼を山が笑ひかへすや明の春 也有

臑白き従者も見へけり花の春 蕪村

かづらきの紙子脱ばや明の春 蕪村

ほうらいの山まつりせむ老の春 蕪村

象潟もけふは恨まず花の春 一茶

初春も月夜となるや皃の皺 一茶

老が身のねぶみをさるるけさの春 一茶

目出度さもちう位なりおらが春 一茶

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 餅花 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内