子の日

家持
初春の初子の今日玉箒手に取るからに揺らく玉の緒

拾遺集・春 能宣
千とせまで限れる松も今日よりは君に引かれて万代や経む

拾遺集・雑春 恵慶法師
ひきて見る子の日の松はほどなきをいかでこもれるちよにかあるらん

拾遺集・雑春 能宣
松ならば引人今日は有なまし袖の緑ぞかひなかりける

拾遺集・雑春 元輔
引人もなくて止みぬるみ吉野の松は子日をよそにこそ聞け

拾遺集・雑春
ひく人もなしと思ひし梓弓今ぞうれしきもろやしつれば

後拾遺集・春 元輔
千歳へむやどの子の日の松をこそほかのためしにひかむとすらめ

後拾遺集・春 和泉式部
ひきつれてけふは子の日の松にまたいま千歳をぞ野べにいでつる

後拾遺集・春 よみ人しらず
春の野にいでぬ子の日はもろ人の心ばかりをやるにぞありける

後拾遺集・春 賀茂成助
けふは君いかなる野辺に子の日て人のまつをばしらぬなるらむ

後拾遺集・春 堀河右大臣頼宗
とまりにし子の日の松をけふよりはひかぬためしにひかるべきかな

赤染衛門
万代のためしに君が引かるれば子の日の松もうらやみやせむ

千載集・春 待賢門院堀河
ときはなる松もや春を知りぬらん初子をいはふ人にひかれて

経信
子日する松さへしげき野べなればひかでやちよの影をみるらむ

経信子日して齢をのぶる船岡は松の千歳をつめばなりけり

経信
ねの日するみ垣のうちの小松原ちよをば外のものとやはみる

経信
白の馬をひくにつけても子日する野べの小松を忘れやはする

俊頼
春日山 ふもとの小野に 子の日して かごとを神に まかせてぞみる

俊頼
なにごとを 待つ身ともなき あやしさに 初子は来れど 引く人もなし

俊頼
祝ひつつ 今日しも松を 引きつれば 初子ぞ春の はじめなりける

俊頼
子の日して よはひを野邊に 雪ふれば ふたばの松も 花さきにけり

定家
子日するをしほの野辺の小松原はるかに見ゆる千世の生ひ末

西行
子日して立てたる松に植ゑそへん千代重ぬべき年のしるしに

西行
春ごとに野邊の小松を引く人はいくらの千代をふべきなるらむ

西行
ねの日する人に霞はさき立ちて小松が原をたなびきにけり

西行
子日しに霞たなびく野邊に出でて初うぐひすの聲をきくかな

俊成
子の日には野邊ならねども住吉の松のかげにて祈るばかりぞ

俊成
さざなみや志賀の濱松ふりにけり誰が世にひける子の日なるらむ

俊成
春ごとの子の日の松の千代はみなわが君が代のためしなりけり

松ならび穴へ餅ひき子のひ哉 貞徳

子日して我石台や千とせ山 言水

子の日しに都へ行ん友もがな 芭蕉

ひとり寝も能宿とらん初子日 去来

松のしらへことに子の日の夕哉 千代女

風の音に引ぬ子の日を祝ひけり

我庵は門松引て子の日せん 子規

春日野の子の日に出たり六歌仙 子規

書襖の金泥古し小松引 虚子

縁濃き子の日の小松打ちながむ 蛇笏

皇居めぐる子の日の松のたぐひなし かな女

山の雲ぬくとくもあらむ初子の日 蛇笏

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 初薬師  十日戎 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 左義長 松過ぎ 小豆粥 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内