破魔弓 破魔矢

はま弓や当時紅裏四天王 其角

たてかけてあたりものなき破魔矢かな 虚子

大風の夜を真白なる破魔矢かな 水巴

谷雲にそれてながるる破魔矢かな 蛇笏

破魔弓や山びこつくる子のたむろ 蛇笏

あだ守る筑紫の破魔矢うけに来し 久女

風寒し破魔矢を胸に抱へ来る たかし

子に破魔矢持たせて抱きあげにけり 立子

矢桶よりとつてたまはる破魔矢かな 青邨

此書屋美しとさだまる破魔矢かな 青畝

上の字の袋きせ置く破魔矢かな 青畝

金色の一すぢはしる破魔矢かな 万太郎

をりからの雪にうけたる破魔矢かな 万太郎

たまはれる破魔矢は恋の矢としてむ 青邨

儒の家に魔を破るべき弓と矢と 誓子

儒門の子からだひよわき破魔矢かな 誓子

破魔矢白く押物朱く賜はりし 青畝

吉兆を呉れぬ破魔矢を贈らばや 虚子

白破魔矢武に苦しみし神達よ 多佳子

羽のみだれ正す破魔矢に息かけて 多佳子

わが寝屋の闇の一角白破魔矢 多佳子

一本の破魔矢余生を護るべし 青畝

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 若菜 七種 初子の日 初薬師  十日戎 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 左義長 松過ぎ 小豆粥 薮入り
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図