和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

幽冥へおつる音あり灯取蟲

晴れくもる樹の相形や秋の空

秋風や眼前湧ける月の謎

竃火赫とただ秋風の妻を見る

野分雲湧けど草刈る山平ら

芋の連山影を正しうす

案山子たつれば群雀空にしづまらず

牛追つて四山の秋や古酒の醉

畠や大空へ菊の気騰る

句また焼くわが性淋しの秋

葬人歯あらはに泣くや曼珠沙華

農となつて郷國ひろしの秋

梨むくや故郷をあとに舟くだる

人すでにおちて瀧鳴る紅葉かな

山門に赫と日浮ぶ紅葉かな

ある夜月に富士大形の寒さかな

書楼出て日さむし山の襞を見る

人妻よ薄暮のあめにやとる

餅花に髪ゆひはえぬ山家妻

閨怨のまなじり幽し野火の月

陽にむいて春昼くらし菊根分

残雪を噛んで草つむ山の子よ

海しらぬ子にこの土ありつくづくし

大空に彫れし丘のつばきかな

虚空めぐる土一塊や竹の秋