和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

空ふかくむしばむ陽かな竹の秋

やまがつのうたへば鳴るや皐月

うき草に硯洗へり鵜匠の子

神甕酒満てり蝉しぐれする川社

罌粟の色にうたれし四方のけしきかな

曲江にみるや機上の婦

花桐や敷布くはへて閨の狆

詩にすがるわが念力や月の秋

甲斐の夜の富士はるかさよ秋の月

秋山の橋小ささよ湖舟より

稲扱くや無花果ふとき幹のかげ

魚喰うて帰燕にうたふ我が子かな

秋の大河にあらへたびごろも

苔はえて極寒におはす弥陀如来

揚舟や枯藻にまろぶ玉あられ

冷ゆる兒に綿をあぶるや桐火桶

舳に遠く鴛鴦とべりいしがはら

臼音も大嶺こたふ弥生かな

恋ざめの詩文つづりて弥生人

ゆく春や僧に鳥啼く雲の中

人あゆむ大地の冷えやはなぐもり

還俗の咎なき度や花曇り

軍船は海にしづみて花ぐもり

雪解や渡舟に馬のおとなしき

夕ばえてかさなりあへり春の山