和歌と俳句

案山子 かかし

吊案山子風に吹かるゝ裳かな 淡路女

御室田に法師姿の案山子かな 虚子

山びこに耳かたむくる案山子かな 蛇笏

はろばろと潮に流るる案山子かな 月二郎

銀閣寺門前の田の案山子かな 風生

水鳥のわたるのみなる案山子かな 秋櫻子

大嶺と暮れてあやなき案山子かな 秋櫻子

夕月のたへにも繊き案山子かな 秋櫻子

やがてまた下雲通る案山子かな 蛇笏

みちのくのつたなきさがの案山子かな 青邨

山びこに耳かたむくる案山子かな 蛇笏

案山子、その一つは赤いべべ着せられてゐる 山頭火

苫舟のあたりてゆらぐ案山子かな 秋櫻子

雫する雨の案山子の衣袂かな 淡路女

たそがれて顔の真白き案山子かな 鷹女

刻々に東京ちかき案山子かな 万太郎

昼のラヂオどこにも聞え案山子かな 万太郎

黄昏れし顔の案山子の袖几帳 茅舎

此谷を一人守れる案山子かな 虚子

鏡花めく唐縮緬の案山子かな 茅舎

家妻は案山子のもとに子を背負ひ 汀女

ぬき衣紋してたふれたる案山子かな 青畝

稲刈りて残る案山子や棒の尖 虚子

倒れたる案山子の顔の上に天 三鬼

案山子我に向ひて問答す 虚子

大学生わめき案山子に声を刺す 静塔

雲厚し自信を持ちて案山子立つ 三鬼

山高の案山子を典獄かと思ふ 静塔

これといふ手柄とてなき案山子かな 万太郎

夕焼のあへなく消えし案山子かな 万太郎

鋤く肘の若き桃色案山子の辺 静塔

落つる瀬に案山子うなづくばかりなり 秋櫻子

何くはぬ顔のやさしき案山子かな 万太郎

をとゝひのきのふのけふの案山子晴 万太郎

モジリアニの女の顔の案山子かな 青畝

木曾案山子操るものの吹きいでて 静塔

忍者めく都の北の案山子かな 青畝

案山子より詩を貰ひては鉛筆舐む 不死男