和歌と俳句

阿波野青畝

蝦夷鴉うなづきながら霧笛聞く

駒岳の秀の見えそめしかば霧笛歇む

赤とんぼ外人墓地の文字踏めり

コスモスや牛方宿に蠅居らず

もろこしの一皮したによきみのり

十字架を象嵌したる天高し

盃にとくとく鳴りて土瓶蒸

忍者めく都の北の案山子かな

火のごとき林檎ありけりトラピスト

嘴太の鳴きわめきをる山葡萄

冷まじく棹たわまして球磨下り

二教会寄りそひ錦なす野かな

翁忌や所思をはしらす許六宛

しぐるると球磨の釣人火を焚けり

不老水旅人汲めばしぐれけり

竜飛岬より西の余光や鴨わたる

落人の鎧ばろぼろ炉火明り

人吉の雨にわびしき衾かな

風花や孤客を得たる夕佳亭

金鳳や衣笠のうすうすと

煮凝のくだけおちけり老の膝