和歌と俳句

コスモス

コスモスを離れし蝶に谿深し 秋櫻子

コスモスに雨ありけらし朝日影 秋櫻子

コスモスの晴れといはばや嵐あと 秋櫻子

コスモスの遠くなりゆく渡舟かな 播水

夜の靄にこめしコスモスに人通る 石鼎

コスモスの乱れふし居り月の下 石鼎

コスモスの夕やさしく物語 たかし

誰もゐないでコスモスそよいでゐる 山頭火

安宿のコスモスにして赤く白く 山頭火

コスモスいたづらに咲いて障子破れたまま 山頭火

休む外ない雨のひよろひよろコスモス 山頭火

ほつとさいたかひよろひよろコスモス 山頭火

夕雨小雨そよぐコスモス 山頭火

壺のコスモスもひらきました 山頭火

コスモスに烟るが如し月あかり 万太郎

コスモスや鐵條網に雨が降る 汀女

コスモスや倒れぬはなき花盛り たかし

秋ざくらばかりの庭の主婦若し 

コスモスにみんな薄翅を立てし虫 かな女

コスモスの散りしきるとき醜のわれ 鷹女

コスモスの花ゆれて来て唇に 立子

コスモスをうまごに折りて我も愉し 亞浪

コスモスの戦後の花影踏むなよ君 鷹女

磔像のコスモス右往左往かな 青畝

コスモスに藍濃き衣を好み著る 鷹女

コスモスの広きみだれに夜のとばり 汀女

コスモスの夜の花びらの冷えわたり 汀女

コスモスの夜は一色に花そむき 汀女

コスモスの畑ぬけくればまた壷に 万太郎

コスモスや妻がやさしく子がやさしく 草城

望郷や土塀コスモス咲き乱れ 立子

コスモスの花あそびをる虚空かな 虚子

コスモスや墓名に彫りし愛の文字 風生

コスモスや明治大正狭霧こめ 鷹女

大風やコスモスの色吹き窪め 立子

コスモスの原といふべし英彦の坊 青畝

コスモスのゆれやみしみな空を亨け 爽雨

コスモスや牛方宿に蠅居らず 青畝