和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

花蓼にたわわなるかな青蜜柑

朝晩は涼しくなりぬ鳳仙花

秋晴や窓掛赤き子供部屋

秋晴やキリリと叫ぶ紅いんこ

見てをりし芭蕉の露の走りけり

釣鐘のもとに柿売る媼かな

四阿の柱に生えしかな

湖べりに寄りつながれる木の実かな

籠の目にからまり残る貝割菜

籠の目をもれて漂ふ貝割菜

白樺の林を通る紅葉狩

濃紅葉や閂かかる神の橋

湖べりにかたまり灯る紅葉宿

よろこべばしきりに落つる木の実かな

掌にうけて蓼の長穂の柔かし

人の買ふ青き蜜柑を見てゐたり

公園に遊ぶ人なし秋の雨

の前ネオンは色を迭みにす

大空のの歩みのやゝ斜め

石垣の高くめぐれる野分宿

道広く家まばらなり秋祭

地芝居のお軽に用や楽屋口

秋の海丘退きてまた見ゆる

舟ゆけば筑波したがふ蘆の花

下総の丘のなだらの曼珠沙華

まつすぐに雨にしたがふ散り柳

蓼の花畚にかぶせて萎れざる