和歌と俳句

信濃

俊恵
信濃路や みさかをのぼる 旅人は 霞を越ゆる ものにぞありける

信濃路の駒はもや木曾踊 宗因

信濃路や蠅にすはるる痩法師 許六

新蕎麦の信濃ばなしや駒迎へ 許六

寝ならぶやしなのの山も夜の 一茶

心からしなのの雪に降られけり 一茶

ちるやしなのの国の這入口 一茶

しなのぢの山が荷になる哉 一茶

しなのぢやそばの白さもぞつとする 一茶

ちるやおどけも云へぬ信濃空 一茶

信濃路やどこ迄つづく秋の山 子規

信濃路や蠶飼の檐端菖蒲葺く 虚子

子規
信濃路や 人の到らぬ 山の上に ひとり涼しき 月を見るかな

牧水
さらばなり 信濃の国の ほととぎす 碓氷越えなば また聞かめやも

茂吉
信濃路の ゆく秋の夜の ふかき夜を なに思ひつつ 死にてゆきしか

茂吉
罌粟はたの 向うに湖の 光りたる 信濃のくにに 目ざめけるかも

牧水
秋かぜの 信濃に居りて あを海の 鴎をおもふ 寂しきかなや

紫陽花に秋冷いたる信濃かな 久女

晶子
一月の 信濃の旅の 明るけれ 天がけるとも 云はんばかりに

晶子
信濃路を めぐれる山の 半輪に 雪かがやきて 月に勝れり

赤彦
信濃路は いつ春にならん 夕づく日 入りてしまらく 黄なる空のいろ

赤彦
信濃路に 帰り来りて うれしけれ 黄に透りたる 漬菜の色は

茂吉
みすずかる 信濃のくにの 山がひに 声さやさやし 飛ぶほととぎす

迢空
信濃路にかひなきものは、白樺の太木につたふ━━淡雪のすぢ

迢空
信濃べの春 たけゆきて、山の草 野のくさびらも 煮るべくなりぬ

信濃路や田植盛りを雲さわぎ 亜浪

雪白きしなのの山山来る 多佳子

桜散るしなのの人の野墓よき 多佳子

信濃なる父のみ墓に草むしり 久女

をみなへし信濃青嶺をまのあたり 林火

信濃路の桑にふり子とわかる 楸邨

信濃路へ冬天の川ながれをり 楸邨

信濃路に降る雪昏し空に織り 草田男

信濃の川はどれも冬青し石奏で 楸邨

枯山のどれかに日さす信濃路は 楸邨

信濃の菓子の割れば餡より胡桃匂ふ 楸邨

みづみづしき漬菜よ信濃雪を布き 楸邨

信濃いま蘇枋紅梅氷解くる湖 多佳子

霧に鳩歩む信濃に着きしなり 多佳子

初蝉に信濃胡桃は蔭ひろし 秋櫻子

月曇り信濃は大き山こぞる 秋櫻子

雪渓や信濃の山河夜に沈み 秋櫻子

黒天にあまる寒星信濃古し 三鬼

冬菊や信濃童女に蔵こぼれ 不死男

信濃寒蕎麦すするさへ尿近く 不死男




金沢 浅野川 犀川 医王山 卯辰山公園 兼六園 成巽閣
布施の海 二上山 奈呉の海
糸魚川 市振 親不知 妙高 地獄谷 赤倉温泉 池の平 佐渡 順徳上皇史跡 外海府海岸
富士山 富士五湖
赤城山 佐野・狭野 利根川 榛名山 榛名湖 伊香保 妙義 法師温泉 四万温泉 草津