和歌と俳句>>俳句

小林一茶

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

木がらしや行抜路次の上総山

重箱の銭四五文や夕時雨

木がらしや折助帰る寒さ橋

焼穴の日に日にふへる紙子かな

夕やけや唐紅の初氷

菜畠や横すじかひの十夜

椋鳥と人に呼るる

冬ごもりいか物喰を習ひけり

ちるやおどけも云へぬ信濃空

其迹は子供の声や鬼やらひ

はづかしや罷出て取江戸の年

湯に入て我身となるや年の暮

ともかくもあなた任せのとしの暮

猫の子のくるくる舞やちる木のは

づぶ濡の大名を見る炬燵

五六疋馬干しておく枯野

こがらしや風に乗行火けし馬

重荷負牛や頭につもる

真直な小便穴や門の

うしろから寒が入る也壁の穴

袵形りに吹込や枕元

母親を霜よけにして寝た子哉

わり渡す氷けぶりや門の川

とうふ屋と酒屋の間を冬籠

芭蕉忌や三人三色の天窓付

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句