和歌と俳句>>俳句

小林一茶

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

わら苞の豆麩かついでかれの

寝た人をづうんづうん哉

口出すがとかく持病ぞ冬籠

来る人が道つける也門の

はつ雪や今捨る迚集め銭

や常灯明のしんかんと

広小路に人ちらかつて玉霰

針事や椽の小春を追歩き

小座敷の丁ど半分小春

をさな子や文庫に仕舞ふはつ氷

煤さはぎすむや御堂の朱蝋燭

旅の皺御覧候へばせを仏

本馬のしやんしやん渡る

あばら家にとんで火に入る

薄壁や月もろともに寒が入る

ふぐ汁やもやひ世帯の惣鼾

ばせを忌と申も只一人哉

初雪やころころけぶるたばこ殻

うつくしや年暮きりし夜の空

朝市の火入にたまるかな

田から田へ真一文字や十夜

初時雨夕飯買に出たりけり

ばせを忌やことしもまめで旅虱

留守札もそれなりにして冬籠

おとろへや榾折かねる膝頭

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句