初雪

拾遺集・冬 源景明
みやこにてめづらしと見る初雪は吉野の山にふりやしぬらん

紫式部
ふればかくうさのみまさる世を知らで荒れたる庭に積もる初雪

俊頼
いそのかみ むかしのあとも 初雪の 降りしきぬれば めづらしきかな

俊頼
めづらしき 花の都の 初雪を ここのへにさへ 降らせてぞみる

千載集 崇徳院御製
夜をこめて谷のとぼそに風寒みかねてぞしるき峯の初雪

定家
うらやまし時をわすれぬはつ雪よわが待つことぞ月日ふれども

はつゆきや幸庵にまかりある 芭蕉

初雪や水仙のはのたはむまで 芭蕉

初雪やいつ大仏の柱立 芭蕉

はつ雪や聖小僧の笈の色 芭蕉

初雪やかけかかりたる橋の上 芭蕉

初雪やふところ子にも見する母 杉風

はつ雪や先馬やから消そむる 許六

初雪や四五里へだてゝひらの嶽 去来

はつ雪や先草履にて隣まで 路通

我宿の雪のはしり穂見にござれ 鬼貫

初雪やうけてをる手のそとに降 千代女

初雪の底を叩けば竹の月 蕪村

初雪や消ればぞ叉草の露 蕪村

はつ雪や酒の意趣ある人の妹 太祇

はつ雪や医師に酒出す奥座敷 太祇

初雪のしるしのさほや艸の茎 几董

初雪のふはふはかかる小鬢哉 一茶

初雪や誰ぞ来よかしの素湯土瓶 一茶

はつ雪に白湯すすりても我家哉 一茶

はつ雪や葛西烏がうかれ鳴 一茶

はつ雪のひつつき安い皺手哉 一茶

はつ雪が降とや腹の虫が鳴 一茶

はつ雪をいまいましいと夕哉 一茶

はつ雪やそれは世にある人の事 一茶

はつ雪やとても作らば立砂仏一茶

はつ雪や俵のうへの小行灯 一茶

はつ雪やといへば直に三四尺 一茶

はつ雪や息を殺して相借家 一茶

はつ雪や吉原駕のちうをとぶ 一茶

闇夜のはつ雪らしやぼんの凹 一茶

はつ雪に一つ宝の尿瓶かな 一茶

はつ雪や今捨る迚集め銭 一茶

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
お得区案内図