冬枯れ

冬枯や平等院の庭の面 鬼貫

冬がれの里を見おろす峠かな 召波

ふゆがれや寺門かすかに人を呼ぶ 暁台

冬枯や雀のありく戸樋の中 太祇

冬枯ててもちぶさたの山家哉 一茶

冬枯にめらめら消るわら火哉 一茶

冬枯に看板餅の日割哉 一茶

冬枯や垣にゆひ込つくば山 一茶

曙覧
倒れたる薄くゞりて行く水の末もさびしき野辺の冬がれ

冬がれや田舎娘のうつくしき 子規

冬枯や蛸ぶら下る煮売茶屋 子規

冬枯に犬の追ひ出す烏哉 子規

冬枯の垣根に咲くや薔薇の花 子規

冬枯や王子の道の稲荷鮨 子規

冬枯や張物見ゆる裏田圃 子規

冬枯やともし火通ふ桑畑 子規

冬枯の中の錦を織る処 子規

冬枯や夕陽多き黄檗寺 漱石

冬枯れて山の一角竹青し 漱石

冬枯の道二筋に別れけり 虚子

左千夫
夕ぐれて霜か狭霧か冬枯の恵林寺の森鳥も鳴なく

赤彦
冬枯の野に向く窓や夕ぐれの寒さ早かり日は照しつつ

赤彦
冬枯の山田の畦の幾段に夕日のかげる静歩みかも

冬枯の庭へあけたる産湯かな 石鼎

冬枯や水の溜りし寺の庭 普羅

茂吉
冬がれし 山のうへより 波だてる ひむがし伊豆の 海を見おろす

茂吉
冬がれし 葦原が見ゆ かりがねの 屯すること 幾たびなるか

茂吉
ちかづかむ 山脈もなき 蒙古野の 草のかぎりは 冬枯れにけり

茂吉
下総を 朝あけ行けば 冬がれし 國ひくくして 雲なたびきぬ

茂吉
冬がれし 岡の起伏も 見えずなり ひむがしの空 うみのうへの雲

冬枯や日日見つつなほ冬枯れぬ 楸邨

渓ぞひにたかまる大嶺冬枯るる 蛇笏

冬枯の園とはいへど老の松 虚子

河口かなし冬枯の波しろく置き 林火

河原鴉冬枯にゐてつひに鳴く 林火

墓碑もなき幾万にかく冬枯れし 楸邨

茂吉
ふゆがれし フイリダンチクの 黄色を われめづらしむ 園の隈みに

冬枯の庭を壺中の天地とも 虚子

冬枯を見ねば横文字ばかりの街 楸邨

冬枯にわれは佇み人は行く 虚子

冬枯の裾ひく山の裾に母 汀女

立冬 初冬 神無月  神の旅 初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図