和歌と俳句>>俳句

黒柳召波

輪番にさびしき僧やびはの花

こがらしや滝吹わけて岩の肩

皃見せや伏見くらまの夜の旅

顔みせや空だきもの ゝ舟一片

毛を立て驚くの眠かな

鴨の毛や笊打た ゝく軒の水

かたよりて島根のの夕かな

何を釣沖の小舟ぞ笠の雪

袖を出る香炉も雪の鵆哉

都辺や坂に足駄の雪月夜

村人に雪の見所習らひけり

して海老吹寄る汀かな

冬がれの里を見おろす峠かな

家遠し枯木のもとの夕けぶり

伯楽が鍼に血を見る冬野哉

枯野して松二もとやむかし道

上京の湯どのに続く枯野

炭うりや京に七ツの這入口

うづみ火に我夜計るや枕上

おのおのの埋火抱て継句かな

思ふ事戸に書れたり冬篭

雉子一羽諸生二人の冬ごもり

何なりと薄鍋かけん冬座敷

水仙や室町殿の五間床

水仙や薬の御園守あたり

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句