和歌と俳句>>俳句

黒柳召波

初ふゆは曇とのみぞ障子越

はつ冬や空へ吹るゝ蜘のいと

しぐれする音聞初る山路かな

喘息に寝つかぬ声や小夜時雨

寺深く竹伐音や夕時雨

炉びらきやけふも灯下に老の日記

炉開や庭はあらしの樅を吹

冬の雨しぐれのあとを継夜哉

人声の小寺にあまる十夜かな

焼寺の早くも建て十夜哉

口切や寺へ呼れて竹の奥

蛭子講火鉢うれしとこぞりぬる

達磨忌や和尚いづちを尻目なる

茶の花にき ゞす鳴也谷の坊

は ゝ木 ゝの梢はこ ゝぞ帰花

咲出て心ならずや帰はな

羊煮て兵を労ふ霜夜

手してうつ鐘は石也寺の霜

あちこちとして居りたる落葉

冬偈ある寺にひかる ゝ大根かな

納豆汁比丘尼は比丘に劣りけり

憂ことを海月に語る海鼠

海鼠だ ゝみの饗応しのばし聚楽御所

煎蠣に土器とりし釆女かな

天文の博土ほのめく冬至かな

禅院の子も菓子貰ふ冬至

御火焼や積上し傍へ先よるな

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句