枇杷の花

定家
冬の枇杷 木草のこさぬ 霜の色を はがへぬえだの 花ぞさかふる

且匂う庭や一すね枇杷の花 言水

皆人の匂ひはいはじ枇杷の花 鬼貫

枇杷の花鳥もすさめず日くれたり 蕪村

輪番にさびしき僧やびはの花 召波

初雪の跡さかりなる枇杷のはな 青蘿

枇杷咲いてこそりともせぬ一日かな 鬼城

人住んで売屋敷なり枇杷の花 虚子

牧水
貧しさを 嘆くこころも 年年に 移らふものか 枇杷咲きにけり

牧水
静まらぬ こころ寂しも 枇杷の花 咲き篭りたる 園の真昼に

雨までは淡くも日あれ枇杷の花 水巴

枇杷の花しくしく氷雨下りけり 亞浪

花枇杷に沈む日陽矢の長々と 石鼎

青空に一さきの星や枇杷の花 石鼎

枇杷の花ちりて大地の光りかな 石鼎

煤煙に又も暗さや枇杷の花 みどり女

花枇杷に色勝つ鳥の遊びけり 普羅

枇杷の花虻より弱き黄なりけり 喜舟

枇杷の花暁けそむるより憩らはず 波郷

誰かきそうな空からこぼれる枇杷の花 山頭火

とほしろく海高まれり枇杷の花 悌二郎

枇杷咲けり人小さく乗る藁ふとん かな女

くちそそぐ花枇杷鬱として匂ひ 多佳子

旅一と日短きことよ枇杷の花 みどり女

人影のあとの供華清し枇杷の花 汀女

枇杷の花夜はそくばくの星かかげ 林火

茂吉
枇杷の花 白く咲きゐる み園にて 物いふことも なくて過ぎにき

茂吉
枇杷の花 冬木のなかに にほへるを この世のものと 今こそは見め

枇杷が咲く金の指輪の指細り 鷹女

忘れゐし花よ真白き枇杷五瓣 多佳子

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 枯蓮 枯芝 枇杷の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図