焚火 たきび

日の当る焚火煙や濃紫 虚子

落つる葉の焚火煙りに吹かれけり 亞浪

八ケ嶽見えて嬉しき焚火哉 普羅

我が方へいぶる焚火や藪撓む 泊雲

焚火高くこがるゝ藪の穂尖かな 泊雲

鍬とれば焚火の酔のさめにけり 泊雲

夕闇にあらがひ猛る焚火かな 草城

青空に焔吸はるる焚火かな 草城

庫の中地獄に見ゆる焚火かな 茅舎

焚火の輪解けて大工と左官かな 泊雲

渡しまつ脛くぐり鳴る焚火かな 蛇笏

ちぎれ飛ぶ焔に焚火寒さあり 石鼎

焚火中俄に燃えて枝一つ 石鼎

焚火の火やがてうつらずなりし水 石鼎

尻あぶる人山を見る焚火かな 喜舟

夕焚火映れる岸に着けにけり 汀女

風どうと土襲ひ嘗めし焚火哉 泊雲

煙空に星も思はぬ焚火かな 石鼎

北方に北斗つらねし焚火かな 石鼎

千鳥仰ぐ眉あはれしる焚火かな 石鼎

夜焚火に焔落して神は嶺に 石鼎

紅葉燃ゆ音こまごまと焚火かな 淡路女

枯萩に焔見えたる焚火かな 石鼎

雨に映りて燃え上りたる焚火かな かな女

藪垣をうす煙這へる焚火かな 石鼎

藪垣の結ひしまりたる焚火かな 青畝

わがからだ焚火にうらおもてあぶる 放哉

投げ入れし松を火包む焚火かな 石鼎

離れとぶ焔や霧の夕焚火 石鼎

一と燃えに焚火煙とぶ棚田かな 蛇笏

大堰の築きかへらるる焚火かな 青畝

短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 囲炉裏 焚火 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 日向ぼつこ 北風 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図