和歌と俳句

野村喜舟

千鳥飛ぶや燈台直下浜すこし

は高野聖を掴みけり

後ろよりべつたら市の大根かな

恋娘べつたら市をあるきけり

寒詣火の番の眼に消えにけり

提灯に己の影や寒詣

笹鳴や世をしづめたる山家集

行年の往来皆乗る渡舟かな

枯野来て四人たまりし渡舟かな

眠る山の水しぼり取る筧かな

降るや拳の鷹に心問ふ

を来て奈良博物館に入りにけり

二タ杉より離々の人家の雪野かな

詣りぬれば釣鐘蒼き深雪かな

僧の前を鴉のありく枯野かな

芭蕉忌や遅れ生れし二百年

折鶴をやがて千折る炬燵かな

重たしととる笄や玉子酒

冬木二本憩ふ旅人をはさみけり

先生の黒のトンビの寒さかな

や南大門昔顛倒

節分や八百八町月の辻

鴛鴦や眠りもぞする鴨の中

沖の石ひそかに産みし海鼠かな