和歌と俳句

千鳥 ちどり 鵆

星崎の闇を見よとや啼千鳥 芭蕉

千鳥立更行初夜の日枝おろし 芭蕉

ねられぬやにがにがしくも鳴千鳥 鬼貫

淡路島戻る声なき千鳥哉 千代女

あし跡を浪にとらるゝ千鳥かな 也有

業平も何ぞと問はで千どり哉 也有

風雲の夜すがら月の千鳥哉 蕪村

磯ちどり足をぬらして遊びけり 蕪村

打よする浪や千鳥の横ありき 蕪村

酒桶にちどり舞入嵐かな 白雄

立波に足みせて行ちどりかな 太祇

木戸しまる音やあら井の夕千鳥 太祇

汐濱を反故にして飛ぶ鵆かな 一茶

或時はことりともせぬ千鳥哉 一茶

袂へも飛入ばかり千鳥哉 一茶

上置の干菜切れとや夕千鳥 一茶

御地蔵と日向ぼこして鳴ち鳥 一茶

象潟の欠を掴んで鳴千鳥 一茶

木母寺の雪隠からも千鳥哉 一茶

小便の百度参りやさよ千鳥 一茶

曙覧
よればよりかへればかへり夕波のさわぎにつるゝ川千鳥かな



短日 冬の日 顔見世 冬の空 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 日向ぼつこ 北風 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ   歳の暮 行く年 大晦日 除夜