與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

尼寺や十夜に届く鬢蔓

梅さげた我に師走の人通り

摺鉢のみそみめぐりや寺の

行年や芥流るるさくら川

鴛に美を尽くしてや冬木立

鳴らし来て我夜あはれめ鉢叩き

腰ぬけの妻うつくしき巨燵かな

巨燵出て早あしもとの野河かな

初冬や日和になりしはづれ

炉開や裏町かけて角屋しき

楠の根を静にぬらす時雨

水ぎはもなくて古江のしぐれ

禅林の廊下うれしきしぐれ

時雨して浅間の煙余所に立つ

大兵のかり寝あはれむ蒲団

能きふとん宗祇とめたるうれしさに

虎の尾を踏つゝ裾にふとんかな

風雲の夜すがら月の千鳥

磯ちどり足をぬらして遊びけり

打よする浪や千鳥の横ありき

喰へと乳母はそだてぬ恨かな

鰒汁の宿赤々と燈しけり

ふく汁の我活きて居る寝覚哉

秋風の呉人はしらじふくと汁

冬川やほとけの花の流れ去る

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句