和歌と俳句

冬の海

底曇りの雲の動きや冬の海 碧梧桐

晶子
ちよろづの金皷うつなり冬の海北陸道を取らむとするや

冬海の魚舸を淋しむ旅人かな 蛇笏

冬海や人岩に居て魚を待つ 普羅

冬の海に雲やけ見ゆれ懐かしき 石鼎

大艦をうつ鴎あり冬の海 蛇笏

みなぎれる日輪みよや冬の海 石鼎

鵜の岩に鵜のかげみえず冬の海 万太郎

岩襞にたんぽぽ咲けり冬の海 鷹女

冬の海久能の落葉掃きおろす 普羅

冬海へ体温計を振り又振り 三鬼

滑走路黄なり冬海につきあたり 三鬼

冬海や落花のごとく鴎浮く 草田男

冬海は紺岩階を踏みのぼる 草田男

釣人に怒濤のしぶき冬の海 みどり女

一ぱいに日をうくるなり冬の海 万太郎

冬海の碧さよ陸は焼け爛れ 草城

冬海へ光る肩章投げすてぬ 静塔

鷺とんで白を彩とす冬の海 誓子

崖攀ぢて奈落に見たる冬の海 秋櫻子

鵜の岩に鵜のかげみえず冬の海 万太郎

一望の冬海金粉打ちたしや 草田男

冬海に杖を挿し置き婆来たる 耕衣

着物着てゆたかに接す冬の海 耕衣

人近き餅のひかりや冬の海 耕衣

冬海のにごりそめたり有磯海 青畝

冬海の陸を侵かさぬ着物かな 耕衣


短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき 歳の暮 行く年 大晦日
和歌と俳句