和歌と俳句

西東三鬼

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

王氏の窓旗日の街がどんよりと

編隊機天心の茶に漣立て

王氏歌ふ招魂祭の花火鳴れば

鯉幟王氏の窓に泳ぎ連れ

厖大なる王氏の昼寝端午の日

五月の夜王氏の女友鼻低き

祭典のよあけ雪嶺に眼を放つ

祭典のゆふべ烈風園を打つ

祭典の夜半にめざめて口渇く

誕生日あかつきの雷顔の上に

誕生日街の鏡のわが眉目

誕生日美しき女見ずて暮れぬ

昇降機しづかに の夜を昇る

屋上の高き女体に雷光る

兵隊がゆくまつ黒い汽車に乗り

僧を乗せしづかに黒い艦が出る

黒雲を雷が裂く夜のをんな達

巨き百合なり冷房の中心に

冷房の時計時計の時おなじ

冷房にて銀貨と換ふる青林檎