和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

鹿下りつ橋と定りぬ今朝の霜

巌によれば山のつめたき小春かな

木枯や巌間に澄みし谷の水

切株の虚空さまよふ枯尾花

山かげや水鳥もなき淵の色

猪を追けたる雪の二峰かな

諸道具や冬めく杣が土間の壁

月の堂鳩禰宜を怖るる冬木影

こし雪の山見て障子しめにけり

削げ山も師走月夜のものゝうち

奥荒れの猿を見来しと師走人

日のさせば巌に猿集る師走かな

銃口や猪一茎の草による

杣が往来映りし池も氷りけり

月に侘び霰にかこつとぼそかな

雪峰の月は霰を落しけり

納屋蔭に柴こぼれゐる冬の月

猪食つて山便りせん鎌倉へ

山蔭の水にうつりし冬木かな

山寺の冬夜けうとし火吹竹

焚く火もや灯しごろを雪山家

かなしさはひともしごろの雪山家

山長者の年木ゆゆしく積まれけり