和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

寒天へ掃き出す埃に歓喜あり

臘月や檻の狐の細り面

白燼の大塊うごく炭火かな

火鉢抱いて瞳落とすところ只畳

蒲団敷く尻当りたる襖かな

足袋買ふやレッテル剥いでふところへ

霜よけの日にもどりたる微酔かな

一霰こぼして青し雲間空

大雪にほめき出る月ありにけり

木のもとに草青々と暮雪かな

暮雪さびし道をはづれし足跡も

氷りたる大湖に人の小さゝよ

髯剃りてふだん羽織や年忘

行年の足場にかゝり菰一枚

月の影池のまなかの枯木かな

谷水に巌蔭深き深雪かな

つるべ棹影さす藪や寒椿

瀞の岩重なり映り寒椿

枯尾花帽の鳥毛を想ひけり

曇る時松影よびぬ枯尾花

鉄瓶の沈みて見ゆる火鉢かな

奈良に来て夕間なかりし火桶かな

森深く空見え出づる落葉かな

冬空や玻璃にひづみて見ゆる町

冬空や傾き動く海の面