和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

十能へいぶるをあげし炭火かな

茎漬の妻半纏を着て襷がけ

大雪や朝日さへぎるものもなし

ほがらかに晴れし一日や年の暮

ゆく年の調度の中の覆鏡

桜炭三ついけてそこへ火種かな

一俵に竹四五本の庵かな

桜炭にいぶりしものやもえて消えぬ

枝炭に一片出たり枯紅葉

かゝりゐし雲いつまでも冬日かな

枯草や波青々と淵の水

枯草や負ふ手杖す手とぼとぼと

柮を折る力やひゞく老の骨

塵溜に枯木影なし冬の月

枯木より常磐木哀し冬の月

廂より高きつゝみや十二月

炭つぐ人の足袋をあはれみ見たりけり

足袋干すや晴天の下雪の屋根

床に早や福寿草あり忘年会

中庭へ障子明りや忘年会

落葉風に落ちし小枝の細かりし

水鳥や一羽の先に出し一羽

松影へ水尾引いて浮くかいつむり

ぬいて戻りし人や竃の裏