和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

檻に黒く熊一塊の月夜かな

浪一つ起きる暗さや群千鳥

ひくや薄日の中に切れてゆく

切口へ日あたるや切り落とす

指の先濃くも汚れて桜炭

枝炭と広く汚れし掌

踝高く爪の厚さや焚火翁

水鳥やマントの中のふところ手

寺の子に鴨の羽ほしき霜夜かな

朴の月霜夜こころにくもりけり

うたれ雉子を灯によせて見る霜夜かな

雪雫五色はなつて落つもあり

寒月やわれ白面の反逆者

さらさらと神明市や風の中

外し買ふ注連の長さや年の市

大松の二もとの闇や年の市

青空に鴉羽ひろし年の市

除夜の鐘この時見たる星の数

山茶花や蕋開きたる小半日

山茶花の花よれよれの小春かな

麦の芽に土塊遠き小春かな

遠浅の底のしゞまや小春池

波たてゝ沖の青みや小春池

なだらかに崖裾流れ道落葉

今沈む日のわたり居る落葉哉