冬構え

一つ戸や雀はたらく冬かまへ 曽良

古寺の簀子も青し冬構 凡兆

藁掛けて冬構へたり一つ家 子規

門閉じぬ客なき寺の冬構 漱石

砂浜や心元なき冬構 漱石

冬構の中に鳥居の裸かな 碧梧桐

高き木に梯子かけたり冬構 虚子

あるたけの藁かかへ出ぬ冬構 鬼城

中庭に見ゆる海はも冬構 万太郎

椿咲くことのいたづらや冬構 万太郎

庭木各々色定まりぬ冬構 泊雲

桐の実の鳴りいでにけり冬構 不器男

米一俵炭五六俵冬構 淡路女

奥山の芒を刈りて冬構へ 普羅

一枚の貰ひ布団や冬構へ 月二郎

冬構して朝ぼらけ夕ぼらけ 石鼎

篁の鉾ゐならべり冬構 波郷

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 冬構え お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 枯蓮 枯芝
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内