八手の花

虚子
立つ人に因りて八手の花もよし

赤彦
窓の外に白き八つ手の花咲きてこころ寂しき冬は来にけり

赤彦
一かぶの八つ手の花の咲き出でしわが庭の木にのこる葉もなし

千樫
塀の上の八つ手の花の青白く光つめたき冬さりにけり

蛇笏
花八つ手蜂さむざむと飛べるのみ

龍之介
霜解けに葉を垂らしたる八つ手かな

月二郎
寺ばかり雪のある日や花八ツ手

鷹女
空高き星夜となりぬ花八ツ手

水巴
鶯の眦さむし花八つ手

水巴
八つ手咲いて金の三日月よく光る

秋櫻子
葉の面に凍れる雪や花八ツ手

草城
打水のつらゝできたり花八ツ手

山頭火
晴れてくれさうな八ツ手の花

石鼎
たそがれのもの見えて居り花八ツ手

立子
さかんなる八ツ手の花のうすみどり

淡路女
八つ手咲いて月光土にしむ夜頃

秋櫻子
八つ手咲き雀のめざめおそくなる

蛇笏
花金剛纂焚火に燻べて魚香あり

しづの女
八ツ手散る楽譜の音符散る如く

蛇笏
写真師のたつきひそかに花八つ手

鷹女
咲き溢る八ツ手籬を出でざりき

蛇笏
金剛纂さき女医につめたきこころあり

草田男
八ツ手咲け若き妻ある愉しさに

波郷
友娶り然も在らぬか花八つ手

波郷
花八手乏しけれども二人子立つ

林火
花八つ手貧しさおなじなれば安し

波郷
花八手乏しけれども二人子立つ

草田男
いまも小さき手や東大の花八手

鷹女
花八ツ手日昏れて神も蝋細工

鷹女
能面がゆくけんらんと花八ツ手

鷹女
青ざめて八ツ手が咲けばあの世めく

鷹女
肋骨に毬かかげ八ツ手老い候

鷹女
おどろくや己れ影して花八ツ手

鷹女
夜は夜の八ツ手の手毬死者の手毬

汀女
八つ手咲きつづく日和の母のもと

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内