水鳥

拾遺集 よみ人しらず
水鳥のしたやすからぬ思ひにはあたりの水もこほらざりけり

千載集 紫式部
水鳥を水のうへとやよそに見む我も浮きたる世を過ぐしつつ

千載集 匡房
水鳥の玉藻のとこの浮枕ふかき思ひはたれかまされる

定家
水鳥のうきねよ何のちぎりにてこほりとしもと結びおきけむ

鬼貫
水鳥のおもたく見えて浮にけり

蕪村
水鳥や枯木の中に駕二挺

蕪村
水鳥や挑灯ひとつ城を出る

蕪村
水鳥や夕日江に入垣のひま

蕪村
水鳥や巨椋の舟に木綿売

水鳥や挑灯遠き西の京

暁台
水とりの立行程や淀の松

白雄
水鳥や江をうつ芦の下はしる

几董
水鳥や墓所の火遠く江にうつる

一茶
水鳥よぶいぶい何が気に入らぬ

初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 冬紅葉 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 鴛鴦 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 枯蓮 枯芝
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図