和歌と俳句

枯尾花

切株に虚空さまよふ枯尾花 石鼎

旭にとける霜の白さや枯芒 石鼎

公園にやすみ日南の犬の芒枯れ 碧梧桐

枯尾花帽の鳥毛を想ひけり 石鼎

曇る時松影よびぬ枯尾花 石鼎

いただきの枯すすきしづもるまなし 山頭火

暮れ残る頂の枯すすき 山頭火

枝蜜柑持ちて出で来ぬ枯薄 石鼎

庭中や雌黄色なる枯芒 石鼎

吹き当ててこぼるる砂や枯薄 たかし

おだやかにぬくき日のあり枯芒 淡路女

うちなびき音こそなけれ枯芒 茅舎

右は酒屋へみちびくみちで枯すすき 山頭火

佐渡を見る人来て座はる枯芒 普羅

白々と脆き岩なり枯芒 たかし

枯芒脚下に樅の梢かな 茅舎

わが影消えてあたりの枯芒 みどり女

高々と枯れ了せたる芒かな 虚子

ついついと黄の走りつつ枯芒 虚子

枯れすすきかさへるばかり岨の雨 蛇笏

枯芒洩れ日あたりてそよぎけり 普羅

宝冠のごとくに枯るる芒かな 青畝

磯釣が魚負ひのぼる枯芒 秋櫻子

白日とある白頭の枯尾花 たかし

谷中天王寺裏すゝき枯れにけり 万太郎

一めんのすゝきの枯れや百花園 万太郎

美しく芒の枯るる仔細かな 風生

枯すすき汽車に乗れずよ鈍の汽車 静塔