加舎白雄

落る日にあら海青き

くらき夜はくらきかぎりの寒かな

氷る夜や双手かけたる戸の走り

つくろはぬものや師走の猿すべり

月雪や旅寝かさねて年一夜

行年やひとり噛しる海苔の味

はつしぐれたがはぬ空となりにけり

夜の雨はじめ終をしぐれけり

月は花はけふはしぐれの翁哉

こがらしの吹よはりたる天守哉

こがらしや大路に鶏のかいすくみ

こがらしや潮ながら飛浜の砂

蕎麦刈や鎌の刃に霜を降こぼし

鐘の声を知る夜の眉重き

日に消ぬ霜とやかこつ母の髪

小夜あられ起見んばかり降にけり

みぞれてもしらじらつもる穂垣哉

降晴て雪氷るかに光さす

飛たつは夕山鳥かゆきおろし

あかつきや氷をふくむ水白し

庭艸のよごれしまゝに風の凍

浅からぬ鍛冶が寐覚や冬の月

寒月や石きり山のいしぼとけ

馬のあとかれ野の野越いそがるゝ

七つ子にあふてさびしき枯野

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句