和歌と俳句

野村喜舟

湯豆腐や又帰るべき夜の雪

鶺鴒の飛ぶを河とす枯葎

石蕗咲くや春夏秋冬花不断

落葉皆道祖神に走りけり

大年や鯛の荒煮の目玉よく

冬田来て詣づる人や国分寺

碁好き和尚懐炉を借りて戻らるゝ

をかしさや糸に連らなる懐炉灰

梟や石の鳥居に月照れば

鴛鴦や蓮華の相ありありと

鴛鴦や殿中どなた美しき

磧湯に馬を入れやる冬至かな

葛飾の鯉の黒さや寒の雨

武蔵野の椢の瘤や寒の雨

椿よき鉄の門扉や寒の雨

寒の雨牛王の鴉濡るゝかな

冬の水堰ある音をたてるかな

恥しの知らぬ英語や漱石忌

目の中におはす仏や冬籠

白足袋や大僧正の袈裟の下

白足袋や継もなかなか清浄に

雪を来しまらうど足袋を焙りけり

埋火に顔うつぶせは愁かな

埋火に薫ものゝあと匂ふかな

寒紅に鬢附油凍りけり