川端茅舎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

冬木立ランプ点して雑貨店

躓きし石生きてとぶ枯野かな

庫の中地獄に見ゆる焚火かな

葬儀社のがらんどうなる寒さかな

大いなる月おそろしき枯木かな

初冬や夕月かかる御霊屋に

初冬や竹の中なる柚一と木

大根を引きたる穴の落葉かな

時雨るるや馬車より低き小松原

諸共に丸めて我身古衾

清浄と仄かにぬくし古衾

寒椿尿瓶を愛づるあろじかな

風の子の一と群過ぎぬ虎落笛

チンドン屋流すよ冬の荏原郡

チンドンや枯原道に多々良踏む

耳塚の前ひろびろと師走かな

短日の照し終せず真紅ゐ

大歳の常にもがもな弥陀如来

しぐるるや僧も嗜む実母散

湯ぶねより一くべたのむ時雨かな

時雨るるや又きこしめす般若湯

涙ぐむ粥あつあつや小夜時雨

夕粥や時雨れし枝もうちくべて

鞘堂の中の御霊屋夕時雨

しぐるるや粥に抛つ梅法師

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句