和歌と俳句

尾崎放哉

最初のページ<< 前のページ<< >>次のページ

山水ちろちろ茶碗真白く洗い去る

ホツリホツリ闇に浸りて帰り来る人人

落葉掃き居る人の後ろの往来を知らず

流るる風に押され行き海に出る

船は皆出てしまひ雪の山山なり

砂浜ヒョッコリと人らしいもの出て来る

つくづく淋しい我が影よ動かして見る

ねそべつて書いて居る手紙を鶏に覗かれる

皆働きに出てしまひ障子あけた儘の家

静かなるかげを動かし客に茶をつぐ

花あわただしさの古き橋かかれり

夕日の中へ力いつぱい馬を追ひかける

落葉へらへら顔をゆがめて笑ふ事

月夜戻り来て長い手紙を書き出す

あすは雨らしい青葉の中のを閉める

一日物云はず蝶の影さす

友を送りて雨風に追はれてもどる

雨の日は御灯ともし一人居る

なぎさふりかへる我が足跡も無く

軽いたもとが嬉しい池のさざなみ

静もれる森の中をののける此の一葉

井戸の暗さにわが顔を見出す

沈黙の池に亀一つ浮き上る

鐘ついて去る鐘の余韻の中

炎天の底の蟻等ばかりの世となり

山の夕陽の墓地の空海へかたぶく

柘榴が口あけたたはけた恋だ

たつた一人になりきつて夕空

墓原路とてもなく夕の漁村に下りる