和歌と俳句

尾崎放哉

最初のページ<< 前のページ<< >>次のページ

高浪打ちかへす砂浜に一人を投げ出す

雨に降りつめられて暮るる外なし御堂

昼寝起きればつかれた物のかげばかり

何も忘れた気で夏帽をかぶつて

ねむの花の昼すぎの釣鐘重たし

氷店がひよいと出来て白波

父子で住んで言葉少なく朝顔が咲いて

砂山赤い旗たてて海へ見せる

声かけて行く人に迎火の顔あげる

蛇が殺されて居る炎天をまたいで通る

ほのかなる草花の匂を嗅ぎ出さうとする

潮満ちきつてなくはひぐらし

茄子もいできてぎしぎし洗ふ

朝顔の白が咲きつづくわりなし

蛙の子がふえたこと地べたのぬくとさ

船乗りと山の温泉に来て雨をきいてる

あらしの闇を見つめるわが眼が灯もる

海のあけくれのなんにもない部屋

銅銭ばかりかぞへて夕べ事足りて居る

夕べひよいと出た一本足の雀よ

たばこが消えて居る淋しさをなげすてる

空暗く垂れ大きなが畳をはつてる

蚊帳の釣手を高くして僧と二人寝る

を殺す殺すつぎから出てくる

雨の幾日かつづき雀と見てゐる