寒の入

月花の愚に針たてん寒の入 芭蕉

晴天も猶つめたしや寒の入 杉風

むさし野は馬の上にて寒の入 土芳

茂吉
竹おほき山べの村の冬しづみ雪降らなくに寒に入りけり

鮭鱒の孵化のさかりや寒の入 碧梧桐

よく光る高嶺の星や寒の入り 鬼城

葉牡丹のならびて寒に入りにけり 万太郎

唐紙のあけたて寒に入りにけり 万太郎

祝祭の嶺々厳しくて寒の入り 蛇笏

きびきびと応ふる寒に入りにけり たかし

清流は霜にささやき寒の入り 蛇笏

校正の赤きペンもつ寒の入 青邨

寒に入る屋根の一つがひかりいづ 楸邨

糸屑の膝につくさへ寒の入り 万太郎

末の子の赤きジャケツや寒の入 万太郎

冬将軍こよひ御入来寒の入 青邨

夕焼けに野川が染みつ寒の入り 秋櫻子

寒に入る石を掴みて一樹根 楸邨

きびきびと万物寒に入りにけり 風生

干鮎の鰭ほろほろに寒の入 秋櫻子

朝々のさすがに寒に入りにけり 立子

君が喪へ沿ひゆく川や寒の入 波郷

高々と微塵の鳥や寒の入り 波郷

寒に入る日の新聞をひろひよみ 立子

黙契のわれらの句句の寒に入る 不死男

寒に入る木像の眼の硝子玉 誓子

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 寒の入 若菜 七種 初子の日 餅花 土竜打 松の内  松納 飾納 注連貰 松過ぎ 薮入り 寒の水 大寒 寒の内
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内