寒の水

見てさへや惣身にひびく寒の水 一茶

喜びの面洗ふや寒の水 普羅

あざらしの潜きたのしむ寒の水 草城

寒水を飲みはなちたる柄杓かな 蛇笏

汲みあふる寒水の杓よるべなし 蛇笏

寒の水かそけきおとに煮たちけり 麦南

ひたひたと担ひこぼしぬ寒の水 麦南

神橋の下寒の水あをかつし 茅舎

ひとり居や映るものなき寒の水 普羅

潦そのまゝ寒の水となる みどり女

焼跡に透きとほりけり寒の水 波郷

寒の水飲みてつらぬくもののあり 爽雨

一塊の毬藻を生くる寒の水 風生

わさび田のまろ石寒の水ながれ 爽雨

寒の水ふくみぬたのみある如し 汀女

飽食にかむせ飲むなり寒の水 爽雨

新年 初春 正月 元旦 元日 初日 初空 若水 初詣 破魔弓 年賀 お年玉 屠蘇 雑煮 門松 注連飾り 鏡餅 蓬莱 羊歯 福寿草 手毬 羽子板 萬歳 初芝居 初夢 寒の入 若菜 七種 初子の日 餅花 薮入り 寒の内 寒念仏 大寒 寒の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内