和歌と俳句

飯田蛇笏

山響集

前のページ<< >>次のページ

秋さむや瑠璃あせがたき高嶺草

白猫の見れども高き帰燕かな

秋燕に日々高嶺雲うすれけり

秋暑く曇る玉蜀黍毛を垂れぬ

鬼灯に岸草の刃もやや焦げぬ

こころもち寒卵とておもかりき

一蓮寺水べの神楽小夜更けぬ

煖爐もえ蘇鐡のあをき卓に倦む

冬山に数珠うる尼が栖かな

冬耕の婦がくづをれてだく兒かな

嶺々そびえ瀬音しづみて冬田打

新墾野照る日あまねく冬耕す

月いでて冬耕の火を幽かにす

うそぶきて思春の乙女毛絲編む

曳きいでし貧馬の髭にかかる

冬鵙のゆるやかに尾をふれるのみ

茶の木咲きいしぶみ古ぶ寒露かな

金剛纂さき女医につめたきこころあり

波奏で神護りもす冬いちご

大熊座地は丑満の寒さかな

灯をかかげ寒機月になほ織りぬ

八つ手凍て寝起きの魔風幽らかりき

枯山に奥嶺は藍く鳶浮けり

冬薔薇の咲きたはむるる一と枝かな

日たかくて鷺とぶ蓮田氷りけり