和歌と俳句

大木の吹きもまれをる蝉時雨 風生

宇治橋をわたり来て蝉の聞えけり 石鼎

初蝉や老木の桑に鳴きいでて 秋櫻子

園ふけて弧燈を蝉がとりに来る 秋櫻子

朝の音蝉のやうやく耳につく 悌二郎

蝉の空松籟塵を漲らし 茅舎

夜の蝉のふと鳴きければ書を膝に 楸邨

蚊帳とれば蝉たちゆけり昨夜の蝉 楸邨

朝蝉、何かほしいな 山頭火

夕蝉、かへつてゆくうしろすがた 山頭火

おいて来し子ほどに遠き蝉のあり 汀女

初蝉のにいにいが鳴き朝曇 悌二郎

山をゆき谿ゆきいく日蝉聞ける 悌二郎

夜の湯壺鳴る瀬と蝉の聲しげく 悌二郎

渓流を掃けばすぐ澄む蝉時雨 茅舎

初蝉や著莪は仔細に美しき 草城

蝉鳴いて天の橋立よこたはる 草城

ふるさとや松の苔づく蝉のこゑ 犀星

山蝉に磧はいまだ灼けざれど 林火

蝉鳴いて遅月光る樹海かな 蛇笏

電車止る静かさに湧き蝉時雨 立子

蝉の朝愛憎は悉く我に還る 波郷

蝉の朝軒つづきなる人の瞳 波郷

子の反抗泣きつつ蝉を手に放たず 楸邨

蝉とりの吾子に叱られ書をとざす 楸邨

青竹の膚にひびけるは初蝉なる 草城

棕梠咲けりじわりじわりと蝉なける 草城

磯山に霖雨小歇みに蝉しぐれ 蛇笏

夜の電車蝉のつぶての来るいくつ 悌二郎

羽化了へて息づくを蝉捕へらる 悌二郎

子を殴ちしながき一瞬天の蝉 不死男

かうかうと蝉鳴き潮迫門に寄す 林火