夏の夜

古今集 深養父
夏の夜はまだよひながら明けぬるを雲のいづこに月やどるらん

後撰集 藤原高経
夏の夜はあふ名のみしてしきたへのちりはらふまに明けぞしにける

後撰集 忠岑
夢よりもはかなき物は夏の夜の暁がたの別なりけり


かれはつる人の心に比ぶればなほ夏の夜は長くぞありける

和泉式部
夏の夜はともしの鹿のめをだにもあはせぬ程に明ぞしにける

西行
ともしするほぐしの松もかへなくにしかめあはせで明す夏の夜

西行

夏の夜は篠の小竹の節近みそよやほどなく明くるなりけり

式子内親王
夏の夜はやがてかたぶく三日月の見る程もなく明くる山の端

式子内親王
真葛原浦風なるる夏の夜は秋立ちそむる蝉の羽衣

定家
五月雨にみづなみまさるまこもぐさ短くてのみあくる夏の夜

定家
夏の夜はなるる清水のうきまくら結ぶほどなきうたたねの夢

定家
夏の夜はげにこそあかね山の井のしづくにむすぶ月の暉も

定家
夏の夜は月ぞけぢかき風すずむふせやの軒のまやの余に

定家
葦の屋のかりねの床のふしのまに短く明くる夏のよなよな

良経
月かげに涼みあかせる夏の夜はただひとゝきの秋ぞありける

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図