和歌と俳句

百日紅 さるすべり

さかづきや百日紅にかほの照 支考

こもらばや百日紅のちる日迄 支考

散ば咲ちればさきして百日紅 千代女

明日もあるに百日紅の暮れをしみ 千代女

百日紅ややちりがての小町寺 蕪村

百日紅浮世は熱きものと知りぬ 漱石

杉垣に昼をこぼれて百日紅 漱石

日除して百日紅を隠しけり 鬼城

白き雲鼠にかはる百日紅 虚子

百日紅咲く世に朽ちし伽藍かな 蛇笏

茂吉
はつはつに咲きふふみつつあしびきの暴風にゆるる百日紅の花

茂吉
油蝉いま鳴きにけり大かぜのなごりの著るき百日紅のはな

武者窓は簾下して百日紅 龍之介

赤彦
よべ一夜の嵐によわりし百日紅夕日に垂りてうつくしきかも

赤彦
あかねさす日の入りがたの百日紅くれなゐ深く萎れたり見ゆ

赤彦
子どもらが鬼ごとをして去りしより日ぐれに遠しさるすべりの花

千樫
百日紅に日ははや照れり朝戸出で汗ばむ顔を拭きつつゆくも

千樫
いそぎつつ朝は出でゆく街角に咲きて久しき百日紅の花

茂吉
公園の 石の階より 長崎の 街を見にけり さるすべりのはな

茂吉
福済寺に われ居り見れば くれなゐに 街の処々に 百日紅のはな

百日紅地より分れて二幹に 風生

独り居れば昼餉ぬきもし百日紅 みどり女

涼風や木の間に見ゆる百日紅 石鼎

しめやかに夜は土ねむる百日紅 石鼎

客にとる昼寝すすぎや百日紅 播水

歩兵第八旅団司令部百日紅 播水

夕栄にこぼるる花やさるすべり 草城

百日紅こぼれて庫裡へ石畳 たかし

白秋
わづかのみ明る木膚のさるすべり夜は深うして笑ひけらしも