蟻のいづ虫明の瀬戸桜貝 才麿

夕立にはしり下るや竹の蟻 丈草

袖に見むみよしのゝ蚤三輪の蟻 暁台

蟻の道雲の峰よりつづきけり 一茶

子規
雲の峰空に立つ日は餌をはこぶ蟻のなりはいいそがしきかな

茂吉
うつし世は一夏に入りて吾がこもる室の畳に蟻を見しかな

雷落ちし跡と見る蟻の道ついて 碧梧桐

蟻地獄に遠しつぶらなる蟻 碧梧桐

樹肌わたる蟻に早やある暮色かな 石鼎

井桁朽つ根に穴あけて蟻の道 石鼎

夏草に土盛りあげて蟻の塔 泊雲

浜風や砂と争ふ蟻の脚 石鼎

蟻土に今碧天を烏とぶ 石鼎

塵取るや又つながりし蟻の道 青畝

芝原や仔細に見れば蟻の国 喜舟

空暗く垂れ大きな蟻が畳をはつてる 放哉

蟻を殺す殺すつぎから出てくる 放哉

かぎりなく蟻が出てくる穴の音なく 放哉

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ 青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 青すすき 真菰 葭切 翡翠 蜘蛛 蟻地獄 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図