わが宿は蚊のちいさきを馳走也 芭蕉

蚊の声やもち搗内の一夜酒 土芳

古井戸や蚊に飛ぶ魚の音くらし 蕪村

うは風は蚊の流れゆく野河哉 蕪村

昼を蚊のこがれてとまる徳利かな 蕪村

草の戸の草に住蚊も有ときけ 太祇

あまた蚊の血にふくれ居る座禅哉 太祇

蚊一つの一日さはぐ枕哉 一茶

蚊声やほのぼの明し浅間山 一茶

年寄と見るや鳴蚊も耳の際 一茶

一つ蚊のだまつてしくりしくり哉 一茶

釣鐘の中よりわんと鳴く蚊哉 一茶

隙人や蚊が出た出たと触歩く 一茶

昼の蚊やだまりこくつて後から 一茶

御仏にかぢり付たる藪蚊かな

藪陰に涼んで蚊にぞ喰はれける 漱石

蚊の声にらんぷの暗き宿屋哉 子規

大風のあとを蚊の出る山家哉 子規

是非もなや足を蚊のさす写し物 子規

叩かれて昼の蚊を吐く木魚かな 漱石

うかと来て喰ひ殺されな庵の蚊に 子規

禅定の僧を囲んで鳴く蚊かな 漱石

独居の帰ればむつと鳴く蚊哉 漱石

鳴きもせでぐさと射す蚊や田原坂 漱石

蚊の声やうつつにたたく写し物 子規

老僧の骨刺しに来る藪蚊かな 虚子

寝て聞けば遠き昔を鳴く蚊かな 放哉

蚊を打つて大きな音をさせにけり 鬼城

茂吉
さ夜ふけゆきて朱硯に蚊がひとつとまりて居るも心がなしも

蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 青すすき 真菰 葭切 翡翠 蜘蛛 蟻地獄 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内