和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

たふとさに寒し神楽の舞少女

背戸あけて家鴨よびこむしぐれ

夕月のおもて過行しぐれ

に吹き落されな馬の尻

朝霜や青葉つみ出す三河嶋

渡りかけて鷹舞ふ阿波の鳴門哉

湖の上に舞ひ行く落葉

椽に干す蒲団の上の落葉哉

大寺の屋根にしづまる落葉哉

三尺の庭に上野の落葉かな

犬吠て里遠からず冬木立

芭蕉枯れんとして其音かしましき

蓮枯て夕栄うつる湖水哉

枯蘆の中に火を焚く小船哉

古書幾巻水仙もなし床の上

冬枯や巡査に吠ゆる里の犬

冬枯に犬の追ひ出す烏哉

冬枯の垣根に咲くや薔薇の花

冬枯をのがれぬ庵の小庭哉

夕月に大根洗ふ流れかな

紙燭とつて大根洗ふ小川哉

日のあたる石にさはればつめたさよ

大粒の 降るなり石畳

大木の雲に聳ゆる枯野

建石や道折り曲る冬木立