正岡子規

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

ある時は手もとへよせる湯婆

古庭や月に湯婆の湯をこぼす

胃痛やんで足のばしたる湯婆哉

碧梧桐のわれをいたはる湯婆哉

三十にして我老いし懐炉哉

あちら向き古足袋さして居る妻よ

野の道や十夜戻りの小提灯

芭蕉忌に芭蕉の像もなかりけり

故郷の大根うまき亥子哉

仏壇に水仙活けし冬至

餅を搗く音やお城の山かつら

年忘れ橙剥いて酒酌まん

此頃は蕪引くらん天王寺

風呂吹を喰ひに浮世へ百年目

夕烏一羽おくれてしぐれけり

しぐるるや蒟蒻冷えて臍の上

小夜時雨上野を虚子の来つつあらん

や禰宜の帰り行く森の中

凩の浄林の釜恙なきや

鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ

南天に雪吹きつけて雀鳴く

いくたびも雪の深さを尋ねけり

障子明けよ上野の雪を一目見ん

棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり

水鳥や菜屑につれて二間程

漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 播水 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 素逝 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句